モデル紹介

 

ランドクルーザー80のモデル変遷

ハチマルは大きく3つの型に分類することができます。
平成2年〜平成9年までの間に2回のマイナーチェンジと途中1回の仕様変更を経てきました。
こちらのページで、その変遷と変更点についてまとめてみました。


年代別モデル紹介

 

モデル

イメージ
発売年月 1989.10〜1992.8 1992.8〜1995.1 1995.1〜1998.1
モデル特徴

・新開発ディーゼルエンジン
・コイルサスペンション
・ブレーキの改善
・クルーズコントロール
・電動格納式ドアミラー


(新機能詳細はこちら)

・新開発ガソリンエンジン(1FZ-FE)
・ブレーキ強化(15inch→16inch)
・AT電子制御化
・安定性向上で4cm車高ダウン
・サイドドアビーム採
・ハイマウントストップランプ採用
・サイドアンダーミラー採用
・ABSのオプション設定


(新機能詳細はこちら)

・フロントマスク意匠変更
・新色追加
・フロントバンパー形状変更
・ホイールキャップデザイン変更
・インパネ意匠変更
・天井パネル変更(一体成型へ)
・運転席エアバッグオプション設定
・内装材変更
・新型ディーゼルエンジン搭載
・STDグレード廃止


(新機能詳細はこちら)

小変更年月 1991年8月 1993年8月   1996年8月
変更概要
・衝撃吸収ステアリング採用
・リア3点式シートベルト採用
・キー抜き忘れブザー採用
・間欠ワイパー変更
・ルームランプ点灯方法変更
・エアコン標準装備(一部除く)
・フロンガス変更(R134aへ)
・時計機能変更(機能削減)
・メーターイルミ色変更
・マッドフラップの塗色廃止
・ターボインジケータ省略(1HD-T)
・ABS標準設定(全車種)
・デュアルエアバッグ標準(全車種)
・新色追加
・センターデフロックスイッチ廃止
特別仕様車

-

(設定なし)

・スペシャルパッケージ
(1993.10〜12)

・メモリアルパッケージ
(1994.5〜7)

・Gパッケージ
(1994.9〜12)
・Lパッケージ
(1997.10〜 限定500台)
国内登録台数 1989年
1,077台
1992年
2,753台
1995年
15,579台
1990年
8,480台
1993年
17,823台
1996年
12,421台
1991年
12,260台
1994年
13,965台
1997年
6,726台
1992年
13,764台
1995年
1,416台
1998年
458台
前期型計
35,581台
中期型計
35,957台
後期型計
35,184台
日本国内での総登録台数:
106,722台

※ 各型の合計は年途中にマイナーチェンジを挟む分を按分しているため、正確なものではありません。

 

▲ 戻る